《建てよう会》30代でこだわりの家を建てよう

《建てよう会》30代でこだわりの家を建てよう

鶴岡公園の桜も、やっと見頃になりました。

子供たちは、この時期、公園の側を通ると、
「花より団子!綿飴食べたい!」
と、ストレートにお花見を要求します。

ということで、花冷えの中、お花見を強行。




お堀にかかる桜も、丁度良い感じで咲きそろっています。
あちこちに、カメラ片手に撮影している方をよく見かけました。
青森の弘前公園ほどではないけれど、
なかなかの桜の名所、だとは思います。

写真の奥にある赤い屋根は、我が母校。
桜の時期の公園は、いつも高校生の時のことを思い出します。
意味もなく、花見と称して、ふらふら歩いてましたね。

と、思ったら…、





今時の高校生も、いっぱいふらふらしていました。
変わらないのものですね(笑)。






これは、来週開館する「藤沢周平記念館」です。
やっぱり「海坂藩」のお膝元だから、
こういうものができるんですよね。
藤沢周平作品の人気がうかがえます。





こちらは、慶応大学の先端生命科学研究所の桜です。
水辺に、桜が静かに映えている感じが情緒を感じさせます。






おそらく鶴岡公園の桜のイメージを壊さないように、
こういう設計がなされたんでしょうね。

出店がなければ、鶴岡公園もこういう雰囲気になるとは思うのですが。
でも、出店がないと、つまらない、という人もいるんだろうし…(笑)。


桜、といえば…





今日、職場の仲間をClover Houseにご招待。

新築祝いもいただいていたので、お昼をごちそうしました。
で、その時に使ったお皿は、その彼女たちからいただいた
「桜」模様のガラス皿です。
私のイメージに合うとか…?そうかな??

そういえば、ここの床材は、桜、でした。
確か、長男の小学校の床材も、桜、でした。
関係ないけど、
長男は幼稚園の時、桜組に所属してました。

なんだか、桜にご縁がありますね。





職場の仲間からは、さらにお花とドーナツをいただきました。
お花は私が喜び、ドーナッツは息子達が喜びました。
さすが、毎日、一緒に働いている仲間、
分かってらっしゃる(笑)。

うちを見ての感想は、
「お店のように綺麗。現実じゃないみたい。
でも、すごく居心地がいいです。」
でした。

また、長居しにいらしてくださいね!

2010/04/22 23:57:Copyright (C) くろーばーはうすのおはなし
Today 15
Yesterday 603
Access 1,929,156
Contents 662
Members 10

Login
powered by samidare