《建てよう会》30代でこだわりの家を建てよう

《建てよう会》30代でこだわりの家を建てよう

旧暦のお雛祭りも終わり、
我が家のお雛様を片付けました。

そして、今、
玄関を飾っているのは、
(ちょっと早いけど)小さな兜です。

そばにあるバラは、
先日いただいた花束からアレンジしたもの。

玄関には、
少し季節感を取り入れた飾り付けをしたいので、
季節が変わる度にどうしようかな、
と悩んでいます。




茶道を習っていたときに、
よくお師匠さんに言われたのが、
「季節感を少し先取りすること」
でした。

四季の移り変わりを大切にする
日本人ならではの感覚なんでしょうね。

でも、けっこう難しいです。
適当なところで、妥協してしまいます(笑)。





毎日、仕事や家事、育児でバタバタと過ぎていきますが、
出来る範囲内で、自分らしい生活スタイルを続けていきたい、
と思います。

同じ事をするにせよ、自分の感覚に合って、
意味がある方法を取っていきたい、と。

人と多少違っていても、
それでもよいと、思います。

特に、家事なんて、誰かが採点するわけではないので、
自分が納得する形で、気持ちよければいいのでは
ないでしょうか?

もちろん、最低限、家族の同意は必要だとは
思いますが。





最近は、手順はできるだけ簡単に、
でも、丁寧に生活したいと思います。

それで始めたのが、
自分のお弁当作り。

ずっとお昼ご飯は適当にしていのですが、
予算の関係もあり(これが一番大きいかも)、
できるだけお弁当を作っていくことにしました。


そこで、私がキッチン関係の相談をしにいく
ケトルワンさんに出かけました。





こちらも、季節感を大事にしているので、
ちょうど店内では、お雛様を片付け、
桜のイメージに変えているところでした。

今は、お弁当の特集をしているので、
豊富に種類があります。

そこには、
ずっと憧れていた「曲げわっぱ」が
ありました。

普通のプラスティック製お弁当箱の数倍のお値段。
でも、シンプルで手に馴染む感じが素敵。

プラスティック容器は、時間が経つと、
どうしても汚れが目立ち、匂いも取れにくくなるのが、
ずっと気になっていました。

それで、きちんとお弁当作りを続けるために、
思い切って買うことにしました。




店長さんのお薦めで、
丸い少し入れ子になっているタイプを
選びました。

包むランチーフと箸入れをかなり悩みました。





そして、こんなお弁当が出来上がりました。
最近、ちょっとマクロビオティックに興味があるので、
こんな感じの内容になっています。

我ながら、見た目も、味も満足。
曲げわっぱのとても軽い使い心地と、
おかずも、ご飯も美味しくしてくれるのも
大満足でした!

頑張って続けます!!

2010/04/08 07:30:Copyright (C) くろーばーはうすのおはなし
Today 17
Yesterday 603
Access 1,929,158
Contents 662
Members 10

Login
powered by samidare